カーリングの軽井沢国際選手権開幕前日の30日、会場の軽井沢アイスパークで会見が行われた。男子のTM軽井沢のスキップ両角友佑(38)は「世界からトップ選手が来てくれた。みんなで力を合わせて面白い大会にしたい」と力を込めた。

スウェーデン代表として22年北京五輪金メダルのニクラス・エディン(38)がスキップを務めるチームも来日。3度目の出場となるエディンは「軽井沢に戻ってくることができてうれしい」と笑顔をみせた。

男子はほかに日本選手権準優勝のキットカーリングクラブや札幌国際大など、国内外8チームが出場する。決勝は12月3日。