来夏のパリ五輪柔道日本代表に内定した男女3選手が4日に都内で報道陣の取材に応じ、女子63キロ級の高市未来(29=コマツ)は「突っ走り禁止」を言い聞かせた。

リオデジャネイロ(5位)、東京(2回戦敗退)に続く3度目の舞台になるが、「(過去は)気持ちだけで突っ走って、やっぱりケガも多かったので」と自戒。できない事に目を向けて焦った従来ではなく、「今できることを、こつこつと積み重ねれば金メダルに近づく」と泰然とした。

男子60キロ級で27歳の永山竜樹(SBC湘南美容クリニック)は東京五輪王者の高藤直寿(パーク24)との激しい代表争いを逆転し、初の代表を決めた。「やっとスタートラインに立てた。本能で投げて一本を取る自分の柔道をすれば勝てる」と強気。女子78キロ級で29歳の高山莉加(三井住友海上)も初代表。「諦めなければ道は開くっていう言葉を証明できた。金メダルを持って帰ってきたい」と力強かった。