バレーボール女子日本代表主将でVリーグ女子1部・NEC所属の古賀紗理那(27)が、今月8日に開幕する全日本選手権大会「皇后杯」での連覇を誓った。

5日、都内で行われた弁当チェーン「ほっともっと」の新商品発表会に、ロッテ佐々木朗希とともに登壇。今後の目標について問われると、「今年も優勝する気持ちをチーム全員が持っている。モチベーションを高めて頑張って行きたい」と、皇后杯連覇へ意気込んだ。初戦となる第2回戦は9日、Vリーグ2部の熊本-徳島・鳴門渦潮高の勝者と対戦する。

また、食に関し、アスリートが炭水化物を摂る大切さについて説明。「スタミナ切れしないようにとにかく白ご飯をたくさん食べる。試合の前日にもたくさん炭水化物を摂ることすごく大切ですね」と、試合前のルーティンを明かした。

「普段は着る機会がないので新鮮」という白のブラウスにロングスカート、ジレを合わせたドレッシーな姿で登場した古賀。今月発売のステーキ弁当に舌鼓を打ち「私は濃い味がすごく好きなのでとてもおいしいです」と、笑顔を見せていた。