日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 野球
  2. ニュース

野球ニュースのRSS

いつか侍で/大谷、藤浪クロストーク1

藤浪に向けて書いた年賀状を披露する大谷
藤浪に向けて書いた年賀状を披露する大谷

 2013年「大谷元年」が幕を開けた。メジャー挑戦表明から一転、ドラフト1位で日本ハム入りした大谷翔平投手(18=花巻東)。高校で春夏連覇した甲子園の申し子、阪神1位藤浪晋太郎投手(18=大阪桐蔭)にあてた直筆年賀状には、並々ならぬ決意がみなぎった。ライバルであり、盟友である2人が立てた新年の誓いとは。高校球界を沸かせ、プロの世界へ飛び込む大物コンビが描いた未来図を、新春クロストークでたっぷりお届けします。

 将来的に日本球界を背負うであろう、大谷、藤浪が見たいと願う初夢、そして新年の誓いとは?

 大谷 自分がしっかり1軍で活躍している姿を見たいです。ピッチャーとしても、バッターとしても、どっちも。栗山監督に言っていただいた「夢は正夢」という言葉が、すごく印象に残っていて…。入団の件で少し出遅れてしまったので、1軍で活躍することをイメージしながら、トレーニングを続けていきたいです。

 藤浪 あまり初夢は見ないタイプで、見たことはないんですけど。富士山の夢を見られたらいいかなと思います。富士山、タカ、なすびあたりを。今年は特別な年なので、今までとは少し違った新年を迎えることになるかもしれないけど、しっかり自覚を持って過ごしたいと思います。

 プロでの対戦は、2人にとって大きな励みになりそうだ。

 大谷 投げ合ってもみたいし、打席にも立ってみたい。まずはしっかり、そのレベルに行けるようになりたいです。高校時代はずっと負けていたので、プロでは勝ちたい。お互い1軍で活躍できる選手になって対戦できたらうれしいので、それをひとつの目標として、心の支えとして頑張っていきたいと思います。

 藤浪 理想は、お互い投げ合えることが一番。大谷君は純粋にすごいピッチャー。対戦する機会があるなら、ピッチャーとして投げ合いたいですね。【取材・構成=中島宙恵、山本大地】

 ◆クロストーク 大谷には花巻東、藤浪には大阪桐蔭でそれぞれインタビュー。全く同じ質問などを重ねて、対談形式に構成した。

 [2013年1月2日7時42分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞