日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの芸能ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

広末電撃再婚も仕事への影響はなし?

日記を書く

 女優広末涼子(30)がキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(36)との電撃再婚を発表した9日、各業界も騒然とした。思いがけないニュースに衝撃が走ったものの、「価値は今までと変わらない」とみる声が圧倒的だった。恋多き女優の異名を持つが、男性遍歴は関係なくキャリアを築いてきた広末。今回の再婚もこれまで同様、今後の仕事への影響は少ないものとみられる。

 広末の再婚は電撃発表だっただけに、業界から驚きの声が上がった。しかも相手はキャンドルアーティスト。有名俳優と比較すると露出機会も少ないため、謎に包まれている。衝撃度が強い再婚でも、各業界は広末の商品価値はさまざまな理由から変わらないとみている。

 ある広告代理店関係者は「広末さんを使いたい人は使うし、使わない人は使わないと好みが分かれるタイプの女優」とした上で、「再婚に関係なく、使いたい人は使い続ける。だから再婚しても価値は下がらないはず」とみる。また、別の広告代理店関係者は「アイドル系は価値が落ちるが、彼女はもうアイドルではない。再婚しようと価値は変わらない」とした。

 映画業界も「価値は変わらない」という声が多かったが、異なる観点からその理由を指摘する関係者もいる。「広末さんは映画的に今が一番使いづらい時期」と指摘した映画プロデューサーは「彼女はアイドル的に売っていた時代が続いたから、30代に入った今は姉役でも、主婦役でも使いづらい。他に30代前後で、独身でも主婦でも使いやすい女優さんが何人もいる。だから、広末が再婚しようとしまいと影響は少ない」とみている。

 広末は初婚の前から“恋多き女”の異名と持つ。過去に、伊勢谷友介や金子賢ら数々のイケメン有名人男性と浮名を流してきた。イメージ重視の業界でスキャンダルは嫌われるが、その後もCMをはじめ映画、ドラマなどの露出は途絶えることがなかった。

 華麗な男性遍歴から、できちゃった結婚、離婚、そして今回の再婚。過去の“実績”やアイドルを卒業した今のポジションなど多角的に見ても、広末のキャリアに影響を与えることは少ないとみられる。

 [2010年10月10日9時42分 紙面から]


関連ニュース




キーワード:

広末涼子

このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 芸能
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです