日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


宇野弥生G2初V会心まくり決まった/大村

G2初優勝を飾った宇野弥生は表彰式で満面の笑みを浮かべる
G2初優勝を飾った宇野弥生は表彰式で満面の笑みを浮かべる

<大村ボート:男女ガチンコMB大賞>◇G2◇最終日◇15日

 特別戦で初めて行われた男女ガチンコバトルは女性軍が勝利した。宇野弥生(26=愛知)が4コースからまくりを決め、G2初優勝。来年3月のSG総理大臣杯の出場権を獲得した。2着に吉田弘文が入り、人気を集めた秋山直之は3着だった。節間の売り上げは41億7703万8100円で目標の40億円を上回った。

 やっぱり女は強かった。スタート展示で6コースに押し出された宇野だったが、本番はスローの4コースを取り、トップスタートでまくり切った。「展示は周りに乗り遅れたけど、本番は気合を入れていった。スタートして少しでも出ていたらまくるつもりだった」。思い描いた通りのレースでライバルたちを退けた。

 G2以上の男女混合戦で女子が優勝するのは99年の山川美由紀(G1四国地区選)以来。13年ぶりの快挙達成とともに、来年3月のSG・平和島総理杯の出場権も獲得した。「ほんとにまさかです。自分が1番驚いてるんですから。夢みたいです」と笑みが絶えなかった。

 この後は蒲郡オール女子を走った後、月末の若松・女子王座決定戦に出場する。念願の女王の座をつかむには大きな弾みとなった。「今節は少しでも勉強できればと思っていたけど、先輩たちの勢いとか感じるものはあった。これからも私らしく走っていきたい」。優勝賞金400万円を加算し、女子賞金王出場も近づいた。年末には主役として大村に戻ってくる。【栗原ひろ人】

 [2012年7月16日9時58分 紙面から]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞