日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


村上義弘ら8月復帰!制裁軽減自粛3カ月

 一般社団法人の日本競輪選手会(日競選、佐久間重光理事長)は23日、東京都内で緊急の理事会、支部長会と綱紀審議委員会を開催した。昨年12月の脱会騒動で出場自粛勧告を受け、5月から欠場中の23選手のうち、18選手の処分を軽減し、自粛期間を一律3カ月間とする大幅な期間短縮を決定した。18選手は8月から出場が可能となる。

 緊急の綱紀審議委員会は制裁処分を受けた選手側から軽減の要望書を受け、開催された。3月に同会最高の処分を下した同委員会が処分軽減を決議。これを受けた緊急の理事会、支部長会で制裁処分の大幅な軽減が正式に決定した。

 要望書の趣旨に日競選への寄付金が提案された。競走復帰後は各選手が獲得した賞金から日競選に寄付金として供託するもので「自粛期間が明けたら寄付したい。理事長に一任するという申し出があった」(佐久間理事長)。寄付期間は当初の処分期間まで。獲得賞金に対する率など具体的な内容に関しては公表せず使途は「社会貢献、自転車競技の普及など検討する」(佐久間理事長)とした。

 最高の1年間の処分を受けた村上義弘と武田豊樹は3カ月間に軽減されたが、同じ処分を受けた長塚智広ら5選手は「意思表示がなかった」(佐久間理事長)ため対象から除外された。

 8月から復帰する18選手の中でS級S班は同月のG2サマーナイトフェスティバル(松戸)、9月のG1オールスター(前橋)も出場が可能。それ以外の選手も出場の条件を満たせば、同様に特別競輪へ参戦できる。

 これで2月の全日本選抜を制した村上博幸と、3月の日本選手権を優勝した村上義弘は、12月に岸和田で初開催されるKEIRINグランプリ(GP)出場への道が開かれた。村上兄弟の出走回数は4月までに弟博幸が計19走、兄義弘が同24走でGP出場の要件である選考期間内(1~10月)の40走以上クリアは可能になった。村上兄弟は8月あっせんの地元向日町G3の出場も有力視され、7月31日の初日から待望の復帰も現実味を帯びてきた。

 ◆武田豊樹選手の話 (自粛処分を)軽減していただいて感謝します。復帰後はファンのために走る気持ちを強く持って、信頼を取り戻したい。

【脱会騒動選手の処分】

▼出場自粛1年→3カ月 村上義弘(京都)武田豊樹(茨城)

▼同8カ月→3カ月 平原康多(埼玉)新田祐大(福島)

▼同6カ月→3カ月 成田和也(福島)伏見俊昭(福島)佐藤慎太郎(福島)岡田征陽(東京)川村晃司(京都)稲垣裕之(京都)村上博幸(京都)佐藤友和(岩手)山崎芳仁(福島)渡辺一成(福島)藤木裕(京都)小野大介(福島)牛山貴広(茨城)古川功二(福島)

▼出場自粛1年 長塚智広(茨城)

▼同6カ月 稲村成浩(群馬)稲村好将(群馬)鈴木謙太郎(茨城)豊岡哲生(東京)

※処分は5月1日から

 [2014年6月24日10時15分 紙面から]







日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞