日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのサッカー日本代表ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. スコア速報
  5. 1次リーグ
  6. 決勝トーナメント
  7. 日本代表
  8. 出場国
  9. 歴史
  10. 予選

川島2度の大ピンチ鬼セーブ/アジア杯

後半、好セーブし、気合の表情で雄たけびを上げるGK川島
後半、好セーブし、気合の表情で雄たけびを上げるGK川島

<アジア杯:日本1-0オーストラリア>◇29日◇決勝◇カタール

 日本(FIFAランク29位)はカリファ競技場で行われた決勝でオーストラリア(同26位)と対戦。0-0のまま突入した延長戦の末、勝利した。

 GK川島永嗣(27=リールス)が2度の大ピンチを気迫で防いだ。後半27分、ロングボールのこぼれ球の処理をDF岩政が誤り、オーストラリアFWキューウェルに裏へ抜け出される。1点を覚悟したキューウェルの左足シュートを、次の瞬間右足でブロックした。同42分にはDF今野が相手のプレッシャーにボールを失い、またもキューウェルと1対1の局面。それでも川島は抜群の反応を見せ体の真ん中でボールを押さえた。今度はシュートすら打たせなかった。

 延長に入ると集中力がさらに研ぎ澄まされた。同前半7分には果敢に飛び出してクロスをキャッチ。同11分にはクロスに飛び込んできたケーヒルのラフプレーにも屈しなかった。手を使ってきた相手をにらみつけると、荒々しく起き上がらせた。怒りの表情ともとれる形相で、味方を鼓舞し続けた。

 日本の守護神としての自負がある。「僕の仕事はゴールを守ること」と公言。各所属クラブの兼ね合いで、代表メンバーが全員集合したのはカタールに入ってから。川島自身もリールスの試合があったため、現地合流した。準備期間が短いチームであっても、最善の準備をしてきた。出場停止となったサウジアラビア戦も、ピッチに立っている気持ちで仲間を後押しした。

 愚直にハイボールを繰り返す相手にセンターバックの吉田も今野も体力を奪われる。途中出場の岩政も肉弾戦に苦しんだ。それでもことあるごとにハイボールの対処を各選手にコーチング。延長後半4分に待望の先制点を上げると、相手のなりふり構わない猛攻にさらされた。体をぶつけられても、顔をゆがめても、ボールだけは離さない。アジア制覇は川島が体を張り続けた勲章そのものといえた。

 [2011年1月30日11時47分 紙面から]



関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

アジア杯



コミュニティタイトル
アラーの国のフットボール

日本にはあまり入ってこない中東地域のサッカー情報を、バーレーン在住の海島健氏がお伝えします。









日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. サッカー日本代表
  3. アジア杯2011
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです