日本ハム対楽天 5回裏日本ハム2死一、二塁、大田は適時二塁打を放ちポーズをとる(撮影・佐藤翔太)  
日本ハム対楽天 5回裏日本ハム2死一、二塁、大田は適時二塁打を放ちポーズをとる(撮影・佐藤翔太)  

最終的には大差となったが、中盤までは拮抗(きっこう)した展開だった。その中で主導権を常に握れたポイントは、初回の攻撃にある。

楽天福井は制球のいい投手ではなく、ある程度の四球は容認されている。今季の2勝も、ともに4四球を与えての白星。この日も日本ハムは、先頭の西川が四球で出塁し、大田、中田の適時打ですぐに追いついた。だが同点までで終わってしまえば、それは福井のペースであるとも言える。横尾が倒れ2死となった後の、渡辺の勝ち越し打には非常に大きな意味があった。

5安打の大田は、結果以上に、打席での内容が光る。西川を一塁に置いた初回と4回は、どちらもファーストストライクを見逃し。今季は嶋の盗塁阻止率が上がっておらず、西川のスタートのタイミングを待った。一方で、無走者の2回は1ボールから強振して左翼線二塁打、前の塁が埋まっていた8回も初球打ちで適時打を放った。2番打者として状況判断をしながら、なおかつ結果にもつなげた。開幕直後から苦しみ、力みにもつながっていたが、ここにきて頭と体が一致してきた印象。今後は期待できそうだと感じさせた。(日刊スポーツ評論家)

日本ハム対楽天 試合終了後、ファンとタッチを交わす日本ハム大田(撮影・佐藤翔太)  
日本ハム対楽天 試合終了後、ファンとタッチを交わす日本ハム大田(撮影・佐藤翔太)