青森商が大会初のタイブレーク延長13回の末、弘前実を6-4で破り、3年ぶりのベスト8進出を決めた。

13回裏2死二、三塁で4番蝦名璃羽(りう)捕手(3年)が2点中前打を放った。エース藤林泰誠(3年)がその裏を0点に抑え、完投勝利。蝦名は「ヒットはとても気持ちがよかった。ベスト8以上はこれまでより厳しい戦いになると思うが、今日の勝利を生かして戦いたい」と話した。