JTBは21日、14~18日まで募集していたドジャース-パドレスのメジャーリーグ開幕カード(3月20、21日=韓国・ソウル=高尺スカイドーム)の観戦ツアーの抽選倍率が平均約200倍だったと公表した。大谷翔平投手(29)と山本由伸投手(25)のドジャースデビュー戦となることが有力で、パドレスにはダルビッシュ有投手(37)と楽天から移籍した松井裕樹投手(28)が所属している。

両日ともに観戦できる4日間のコース(72万8000円)、どちらか1日が観戦可能な3日間のコース(49万8000円)の3種類が用意されていた。担当者は「多くの反響があったと受け止めています」と説明した。

MLBと国際パートナーシップを締結するJTBが販売したツアーは、日本国内から観戦チケットが購入可能な事実上、唯一の方法として注目を集めていた。