ソフトバンクホークスの親会社、ソフトバンクの東京・汐留本社で16日、毎年恒例の本社激励会が行われた。

 孫正義オーナー(60)はグラウンドコートを着て登場。500人を超える社員の前で「日本一の次の年の応援は気持ちがいいですよね。監督を中心に選手、スタッフのみなさんが一丸となっている。だから強いんですね。それに加えてファンのみなさんが熱く応援してくれる。我々は一丸となってすばらしい優勝、日本一をもう1度やってくれると信じております」とあいさつした。

 工藤監督は「オーナー、1年間頂点を目指して頑張りますので、よろしくお願いします」と握手。孫オーナーも「期待していますよ」と笑顔で握手した。

 会場を沸かせたのは新選手会長の柳田だった。激励会の最後にあいさつをしたが、3度左手に持ったカンニングペーパーを見ながらあいさつ。視線を下に落とすたびに会場は爆笑となった。