オリックスは1回に吉田正の適時打で先制。2回にも小島、大城の適時打で点差を広げた。楽天は2回に嶋の適時打で1点。

楽天は6回に代打藤田の2点適時打で1点差に迫る。先発岸は3回から6回まで無失点。オリックスは小刻みな継投で終盤戦へ。

楽天は7回に浅村の17号2ランで同点。8回にオリックスが勝ち越すも、その裏に楽天が渡辺佳の適時打で追いつき延長戦に突入。

オリックスは延長10回、宗の適時打で勝ち越し。そのまま逃げ切りカード勝ち越しで前半戦を終えた。7番手ディクソンが2勝目。楽天は勝率5割に逆戻り。4番手松井が5敗目。