阪神、ロッテで活躍した日刊スポーツ評論家の鳥谷敬氏(41)が25日、アリオ八尾でトークショーに参加した。

約1000人の観客が見守る中、やはり古巣阪神タイガースが話題の中心となった。

開幕9連敗から最下位を独走していたチームは再浮上のきっかけをつかみ、25日中日戦に大勝するなど、3位広島に2ゲーム差の4位。

「投手がかなり安定してきた。大山選手の活躍がかなり大きい。打順がある程度固定されたことで、選手1人1人の役割が決まってきている」と納得顔。

遊撃手の後輩でもある中野についても「スピードがズバ抜けている。守りがどんどんうまくなっているし、打っても積極的にいける。いい選手だと思います」とうなずいた。

ただ、将来の阪神監督就任に対する感情を問われると、「まったく思わないですね。この生活をしてしまったら…」と現状に対する満足度の高さを強調。それでも観客が拍手で期待を表すと、苦笑いでタジタジになっていた。