阪神が中日に敗れ、レギュラーシーズン本拠地最終戦を白星で飾れなかった。 2度目の先発となったドラフト6位新人富田蓮投手(22)が、1回に中日細川に23号2ランを浴び先制を許す。富田は2回にも1点を失った。

阪神は4回に反撃。1死一塁から、大山悠輔内野手(28)が2試合連続の17号2ランで1点差に迫った。

だが、直後の5回、1死から岡林の遊ゴロを木浪がエラー。2死から細川に、今度はセンターへ24号2ランを被弾。富田は5回6安打5失点(自責3)でマウンドを降り、先発初白星はならなかった。

2番手の西純矢投手(22)も7回に2失点。打線も6回無死満塁の好機で無得点に終わるなど、あと一押しがなく、完敗した。

【関連記事】阪神ニュース一覧はこちら―>