阪神は11月30日、シェルドン・ノイジー外野手(28)、ヨハン・ミエセス外野手(28)、ジェレミー・ビーズリー投手(28)との来季契約更新を発表した。推定年俸はノイジーが20万ドル減の110万ドル(1億6500万円)、ビーズリーは現状維持の80万ドル(1億2000万円)、ミエセスも現状維持の50万ドル(7500万円)となった。

日本シリーズでは2戦連続本塁打で活躍したノイジーは「来季もチャンピオンになることを目指し、戦力になれるように頑張っていきます」とコメント。嶌村球団本部長も「ノイジーは当然、走攻守、守備も魅力のひとつ。今年以上の成績が期待できる」と評価。カイル・ケラー投手(30)、コルテン・ブルワー投手(31)の退団が決まった。

【一覧】プロ野球12球団の契約更改状況