前ロウ女子王者アスカ(39)が16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュでシャーロット・フレアー(35)とともに3WAY形式で現王者リア・リプリー(24)に挑戦することが決まった。

当初はアスカがリプリーに挑戦する王座戦が発表されていたものの、フレアーの強引な横やりが入った。

先にデイナ・ブルックとシングル戦に臨んだフレアーは必殺のフィギュアエイトで絞めて快勝すると、その場に登場したWWEオフィシャルのソーニャ・デビルに対し「アスカの連勝記録を止めたのは私だし、今年のレッスルマニアではリアが私の機会を奪ったのよ。女子部門やWWEファンは私を必要としている。私をPPV大会の王座戦に加えて」と主張。フレアーのプレッシャーに負け、突然、ロウ女子王座戦を3WAY形式に変更を決めてしまった。すると、納得いかない王者リプリーが姿をみせて猛抗議。続いて、満を持してアスカがリングに入った。

アスカは「ワシが2人を倒してロウ女子王者になるから問題なし」と自信を示した。デビルに猛抗議を続けるリプリーがフレアーに襲撃されると、アスカも黙っていない。フレアーを襲い、場外に一蹴してみせると「私が王者になるんじゃ! この野郎」と雄たけびをあげ、王座返り咲きへの意欲を示した。