プロボクシングWBC世界ミニマム級14位田中教仁(のりひと、37=三迫)が8月31日、タイ・ナコンラチャシマで同級王者パンヤ・プラダブスリ(31=タイ)に挑戦することが16日、所属ジムから発表された。3度目防衛戦となる王者の敵地に乗り込む。20年3月、WBA世界同級スーパー王者ノックアウトCPフラッシュマート(31=タイ)に挑戦し、判定負けを喫して以来、2度目の世界挑戦となる。

同日にオンラインで記者会見に臨んだ田中は「もう1度、世界戦を決めていただいて感謝しかありません。タイだから、敵地だからではなく、1人の世界王者に全力で人生を懸けて倒しにいきたいと思う」との意気込みを示した。世界戦発表は約2週間前となったものの、1カ月前からオファーが届いており「最終目標は消えることはなかったので常に練習はしていた」と自信を示した。

王者プラダブスリはフィジカル強さよりもテクニックを重視した印象を持っているという田中は「日本の選手にテクニカルな選手はたくさんいる。倒す準備で練習している」と強調。20年11月に再起戦で勝利を収めて以来、約1年9カ月ぶりのリングとなるが「試合は遠ざかる中でも、いつでも試合ができるように心をつくりながら、みんなと一緒にやっていた。スパーリングもやっていたので試合がなかった感覚がない」と手応えを示した。

日本人によるタイでの世界戦は63年1月、ファイティング原田が判定負けしてから、前回の田中の負けまで25敗1分け。三迫ジムでは82年にWBC世界ライトフライ級王座を獲得した友利正以来、40年ぶりの4人目の世界王者を狙う。田中は「記録に関して(の意識)はある。最近の自分のメンタルとしては、何十年の記録より、王者に勝ってからの先の話。ボクサーとして、男としてパンヤ選手を倒しにいくだけ」と強い決意を口にした。