第5試合の6人タッグマッチで「グッド・ルッキング・ガイズ(GLG)」のアンソニー・グリーン&YO-HEY&タダスケが、ダガ&小川良成&スペル・クレイジーと対戦した。

この試合は3月2日名古屋大会での開催が決まったGHCジュニアヘビー級王座戦(王者ダガ-挑戦者タダスケ)の前哨戦。

試合は、小川が本部席にあったYO-HEY&タダスケが保持するGHCジュニアタッグのベルトをリングに持ち込み、そのベルトでダガがタダスケを殴打。13分28秒、GLG組の反則勝ちとなった。

だが勝ったものの、タダスケはダガの暴行によって血まみれに。激怒したYO-HEYは「おい、ダガ! そして、小川良成。お前らなんもせんでも実力ある2人だろうが! うちのタダスケをこんな目に遭わせやがって。言っとったな、ダガが。俺らの持っとるGHCジュニアタッグのベルトを懸けて、ダガと小川良成で挑戦したいって。いつでもやってやるよ! いつでもやってやるからな、俺たちは! 許さんぞ!!」と、ダガ&小川のGHCジュニアタッグ王座挑戦を受け入れた。

これを受けてノアは3月10日熊本大会(熊本城ホールシビックホール)でのGHCジュニアタッグ王座戦の開催を決めた。