日本バンタム級3位の増田陸(26=帝拳)が、同級8回戦でWBO世界バンタム級6位のジョナス・スルタン(32=フィリピン)に、左ボディーストレート1発で1回KO勝ちした。

昨年8月に4戦目で日本バンタム級王者の堤聖也(角海老宝石)に判定負けしたが、再起戦で世界ランカーをわずか141秒でリングに沈めた。戦績を4勝(4KO)1敗と伸ばした新鋭は「左ボディーストレートは練習していたパンチ。手応えもあった。この1年で世界に挑戦できる実力をつける」。増田は自らの拳で再び世界への道を切り開いた。