ONEチャンピオンシップのカタール初開催大会「ONE166」に、MMAの山北渓人(27=リバーサルジム新宿Me,We)とムエタイの鈴木真治(38=Fujimakick Muay Thai Gym)が出場。2人とも白星を飾った。

ストロー級(-56・7キロ)MMAでジェレミー・ミアド(31=フィリピン)と戦った山北は1R残り1分過ぎにブルドッグ・チョーク(相手がうつぶせ状態で、真横から相手の首を右腕に抱え込み、首を絞め上げるサイド・ヘッドロック・チョーク)で1本勝ちした。

山北は今年1月28日に東京・有明アリーナで行われた「ONE165」でボカン・マスンヤネ(南アフリカ)に判定負け。プロ9戦目で初黒星を喫していた。

山北はこの日の勝利後、「前の試合、自分としても、見ててもあまり良くない試合したと思うんで、今回は本当に最高の試合ができました」と2戦ぶりの勝利をよろこんだ。