乃木坂46、4期生の林瑠奈です。



まずは、通常コラムではないことを謝ります。



申し訳ありません。



今回、「サブカルがサブカルじゃない」

というテーマで書く予定だったのですが、

書き始めてみたら

これがなかなか難しいテーマでして。



果たしてこれは

一定数以上の同意を得られるのかと、

私の思想に偏りすぎてしまいそうなのが

心配になってきました。



ということで

こちらのテーマはもう少し推敲します。



今日は

「最近買って大成功だったもの」について、

私が7月ごろに学校で書いた文を

そのままどうぞ。




<これは大成功だったもの>




正直ここ一年で「大成功だった」

と言えるほど記憶に残る買い物を

私はしていないんじゃないかと思う。

元々お金を使うほうではなく、

というのも私がお金を使う対象というのが

友人との交際費や食費、

あとは出先でたまたま見つけた雑貨なんかで、

計画性を持って

あらかじめ目星をつけてする買い物の機会が

周りと比べると少ないように感じるのだ。

最近では服を買うことが

前より多くなったのだが、

それもふらっと服屋に立ち寄っていくつか

“そこそこ”気に入ったものを選び、

家にあるものと組み合わせて

そこそこのコーディネートを作るというもの。

ファッションに

特段気を遣っているわけではないが、

服というのは組み合わせ命

かつバランスが物を言うと思っているので、

ひとつ「これは買い物成功だ」

というアイテムを手に入れても、

上手く使いこなせなければ

本当の意味で買い物成功とは言いづらい。

何にも左右されずに

成功だったと言える買い物を

思い返してみたけれど、

思い当たる節がない。

……物に囚われすぎだろうか。

視野を広くして“買い物“という

固定観念から少し離れてみると、

節が見えてきた気がする。

美容院というのはサービスを買う場所だ。

これも買い物と言えるのなら、

そういえば髪に当てたのだった、

三週間ほど前にパーマを。

これがなかなか重宝していて、

今後の人生ずっとこのスタイルで

いいんじゃないかと思い始めている。

とにかく楽な上に、なんかお洒落で

ちゃんとしている人に見えるのだ。

俗に言う“キマる”というやつである。

美容師曰く、どうやら私は

パーマ髪が似合う骨格や顔立ちらしい。

「パーマが得意!」が

その美容師の売り文句だったので、

きっとどんな人が来ても

確実にそこそこのレベルには

してくれるんだろうな と思ったが、

元のポテンシャルを

最大限に発揮させてくれたその美容師には

頭が上がらない。

きっかけはもうすぐ夏だし遊んでみよう

というシンプルで安直なものだったけれど、

料金がネットで予約した時より

かなりお安くなっていたことも含めて、

これは大成功な買い物だった。

(ニッカンスポーツ・コム「乃木坂46林瑠奈 負けるな!しょげるな!乗り遅れるな!」)