演歌歌手北島三郎(81)が10日、東京・中野サンプラザでコンサートを開き、最大震度7を記録した故郷・北海道の地震に苦しむ被災地にエールを送った。今は復興の状況を見守っているが、適切なタイミングを見て「ぜひ励ましたい。応援をしたい」。そして「地震も台風も2度と来るな」と声を張り上げた。

この日は、所属するレコード会社「日本クラウン」と「徳間ジャパン」の初めての合同公演。「若い人たちと張り合いながら、スクラムを組んで仲良く楽しくやります」。瀬川瑛子、松前ひろ子、キム・ヨンジャ、松原のぶえら計29組33人の歌手の先頭に立って約2000人を前に盛り上げた。