タレントの真鍋かをり(38)が、NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さん卒業に悲鳴をあげた。

1児の母である真鍋は18日、体操のよしお兄さんこと小林よしひさが3月をもって同番組を卒業するとの発表に「うあああああああとうとうこの時が来てしまったああああああああ よしロスやあああああああ」と悲鳴をあげ、「よしお兄さん、不意打ちのひとことがめちゃ面白いときあるんですよ…おかいつ見てて本気で声だして笑ったこと何度もあった。すりかえ仮面のコーナーで子どもたちにクイズのヒントをくれと言われて『仕方ないな~まぁいいか、収録も押すし』って言ってて、まじでお茶吹いた」と思い出をつづった。

同番組からはパント!のお姉さんこと上原りさも卒業する。真鍋は「りさお姉さんはいつも元気で明るくてまじ天使 おかいつスペステのときの弾ける笑顔が忘れられない 卒業は本当に寂しい…」と吐露し、「よしお兄さんもりさお姉さんも卒業後それぞれの道で頑張ってくれたらうれしいです」とつづった。