NEWS加藤シゲアキ(33)が昨年11月に発表した小説「オルタネート」(新潮社)が、発売から2カ月弱という異例のスピードで発行部数10万部を突破したことが8日、分かった。

同作は加藤にとって約3年ぶりの長編小説で、インターネットと現実の2つの社会に翻弄(ほんろう)されていく少年少女を描いた青春群像劇だ。第164回直木賞の候補に選出されている。