先月29日に大腸がんのため55歳で亡くなったX JAPANのベーシスト、HEATHさん(本名・森江博=もりえ・ひろし)をしのぶお別れ会が28日、東京・渋谷のSpotify O-EASTで行われた。

夜の関係者のお別れ会に登場したYOSHIKIは「今日ね、皆さん、お集まりいただいてありがとうございます。今日はHEATHのお別れ会。つらいですね。今日ね、昼からファンの皆さんが、お別れしてくれて。バンド関係の方も集まっていただいて、ありがとうございます。HEATHがX JAPANに加入したのは、もう30年以上前になります。ニューヨークのロックフェラー・センターで記者会見して、HEATHの加入を発表しました」と振り返った。

そして「HEATHが入って、XからX JAPANに。HEATHを紹介してくれたのはHIDE。いろいろなことがあって、HEATHしかないいだろうと。TAIJIとXが別れて、今日に至るまで、ずっとHEATHが、X JAPANのメンバーであり、そして支えてくれた。皆さんも、ご存じの通り、X JAPANというのは波瀾(はらん)万丈なグループで。他のメンバー同様、そんなメチャクチャなグループを、いつも誇りに思って、自分はX JAPANのベーシストだと言っていました。どんな時でも準備はできていました」。

HEATHさんとの別れは、思わぬ形でやって来た。

「解散、再結成をへて、一緒に世界中を回りました。東南アジア、ヨーロッパ、アメリカ。そして今年は8月に一緒にね、僕もセッションしたんだけど。なんか先日まで具合が悪いんでと聞いてたんですけど、当日は『元気です』と来てくれて。まさか、それが最期の日になるとは、最期に会う日になるとは思ってもいなくて。きっと、HEATHも最期の日になると思っていなかった。そして、10月末、自分は偶然にもニューヨークにいました。コンサートを終えて、そのロックフェラー・センターの前を通って、そして夜が明けた次の日、HEATHが旅立ったと聞きました」。

これからについて「みんなもね、HEATHとの思い出、いろいろなそれぞれの思い出があると思う。HEATHだけじゃなくて、いろんな別れがあったけど、やはりみんながね、僕らが前に進むのが最大の恩返しなのかな」。

そして、声を震わせながら「正直、そうね。X JAPANのことを言わせてもらうなら、自分を責めても責めきれないくらい。なんであのタイミングで自分は動かなかったんだと思う。なんで、HEATHは、いつまでもいると思ってしまったんだろう。なんで、こんな最近まで、どれだけHEATHがこのバンドに貢献してくれたかと。多分、そういうことを考えていると、みんな自分を責めて、前に進めなくなるので、最後に遺族の方から預かった言葉を。『いつかメモリアルコンサートをやっていただきたい。それは、YOSHIKIさんに全てお願いしてある』と。今日はね、僕らはHEATHのために前に進まなくちゃいけない。今後のために、僕らが行うイベントへの決意表明だと思っています」と言葉に力を込めた。

「そして、HEATHが言っていたことが、『みんな明るく、送ってほしい』。HEATHは、この遺影の写真を選んでいたそうで。最期までロックミュージシャンとして、生き通していた。なんてカッコイイやつなんだろうと思います」と言って「どんな曲をね、どのようにHEATHにささげていいか分からないし、HIDEが亡くなった時に『Forever Love』を演奏したので、今夜はこの曲をHEATHにささげたいと思います」

ピアノに座り、涙を拭って「ENDLESS RAIN」を弾いた。弾き終わり、遺影の前に立つと、赤いバラの花をささげた。