ミュージシャンのGACKT(50)が8日、X(旧ツイッター)を更新。“人間関係の断捨離”のススメを説いた。

「年末になると人間関係リセット症候群になる人が多いと聞く」と切り出し「ボクは人間関係をリセットするのは良いと考える派。無駄に広げた人間関係には必要の無いつながりもある。自分の人生なのだから付き合っていて楽しく無い、明るくなれない人間とは距離をおくべきだ」と説いた。

さらに「1つ捨てれば1つ拾える。縛りを少なくすればフットワークが軽くなり行動力も上がる。そうすれば今までに無い出会いが増え、自分の判断力、観察力が磨かれる。そして、また1つ人間として成長できる」と続けた。

さらに「本当に縁のある人とは何年離れようがいつかまたつながるもんだ。怖がらなくてもいい」と締めくくった。

同投稿に対し「気の合わない人とは無理に付き合わず、距離を置くと気持ちが楽になりますね」「確かに、人間関係をリセットすることは大切ですね。自分の幸せを優先することも必要ですし、新たなつながりも見つけられるでしょう」「めちゃくちゃいまのタイミングで悩んでました。すっきりしました。ありがとうございます!」などと書き込まれていた。