現在放送中のフジテレビ系連続ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」(金曜午後9時)の第9話が8日、放送され、元欅坂46(現櫻坂46)平手友梨奈(22)のアイドル現場での演技がSNS上で話題となっている。

平手演じる新人弁護士、天野杏と、主演ムロツヨシ(47)演じるバディ役の蔵前勉が人捜しでアイドルイベント会場に訪れるシーンで、グッズのキーホルダーをながめる天野に蔵前が「先生こういうのお好きなんですね」と語りかけると「嫌いではありません」と返答する場面があった。

平手のアイドル時代を感じさせるやりとりに、SNSでは「そういや友梨奈ちゃん元アイドルじゃん このくだり面白い」「てち(平手)がアイドルグループとかイベントとか言うのレアじゃない?」といった声が相次いだ。

イベントを行っていたアイドルは今年デビューしたばかりの実在する7人組グループ、iiiidolll(アイドル)で、メンバーらもリアル出演していた。しかし、グッズのキーホルダーには3周年を示す「3rd Anniversary」の文字が刻まれており、SNSでは今年3周年を迎えた櫻坂46を指しているのではと推測する声も。「結成3周年を迎えたアイドルグループ…泣 櫻も3年…泣」「櫻坂とかけてる?」と盛り上がりをみせていた。

また、デビュー間もないiiiidolllのテレビ出演を祝うファンの声もあり「iiiidolllかわいかった。あいりちゃんとあやてぃちゃんにまた会いたいし他のメンバーのみんなも会ってみたい」「あいりが映るのを見たいがためにリアタイで見た!」といった投稿も多くみられた。