フィリピン出身の歌手マリーン(64)が「生島企画室」と業務提携することが9日、発表された。マリーンの所属事務所「Office Mariene Glam」が「生島企画室」と提携する。

マリーンは1979年(昭54)7月に「マリリン」の芸名で「Love Me」で日本デビュー。生島企画室の設立者で会長を務めるフリーアナウンサー生島ヒロシ(73)とは、デビュー前年の78年からの知り合い。00年(平12)の結婚式の司会も生島が務めた。

最近は、活躍するフィールドが違うことから疎遠になっていた。ところが昨年、生島の次男でダンサー・俳優の生島翔(38)がプロデュースする日比共同製作映画「CROSSPOINT」に出演することになり再会した。翔のセッティングで食事会が開かれ、15年ぶりに対面した。

その席上、生島が「うちにおいでよ。歌手が手薄なので、是非」とラブコール。デビュー45周年となるメモリアルイヤー、今年2024年(令6)のプロモーション・メディア戦略を考えていたマリーンは二つ返事でOKを出し、業務提携が決まった。

マリーンは「これも縁ですね。生島さんは昔からお世話になっていて、事務所に来てみたら前から居るような心地よさと温かさを感じました」と笑顔を見せている。

生島は「昨年、ブルーノートとコットンクラブのライブを見ましたが、カッコ良くてシビれました。彼女の夢、メモリアルイヤーをヘルプします」と全面バックアップを約束した。

89年4月1日に設立した生島企画室は女優浅野温子(62)、歌手で俳優の池畑慎之介(71)、俳優平岳大(49)、モデルで女優の優木まおみ(43)、朝比奈彩(30)、元AKB48武藤十夢(29)、元乃木坂46松村沙友理(31)、グラビアアイドル志田音々(25)などが所属。文化人としても元TBSアナウンサー吉川美代子(69)、元阪神タイガース、西武ライオンズの田淵幸一氏(77)、直木賞作家今村翔吾氏(39)らも所属して、現在は130人以上。だが、歌手はピーターこと池畑しかいない。

生島は「インターナショナルで実力のあるマリーンの加入により事務所全体の幅が広がり、活気が出ます」と話している。