台湾出身の女優ビビアン・スー(48)が4日、都内で行われた「『FOODEX JAPAN 2024』台湾パビリオン出展事前記者会見」に出席した。

かつてブラックビスケッツとして活動し、昨年の「NHK紅白歌合戦」に25年ぶりに出演。この日も紅白でも披露したヒット曲「Timing」が流れる中でさっそうとステージに登場した。

台湾貿易センターの黄志芳董事長と共に日台の食にまつわるクイズなどに回答。相手に合わせ、大部分を中国語でトークし「日本の会見で日本語を話さなくて良いのは初めてです」と語った。

食の好みについての話題では好きな食べ物にカラスミを挙げ「リンゴをプラスして食べていました。今日、(パビリオンスタッフに)ドライフルーツと合わせたり、チョコレートのカラスミもあると聞きました。そちらも大好きな組み合わせなので、ぜひ試したい」と笑顔をみせていた。

「FOODEX JAPAN 2024」はアジア最大級の食品・飲料展示会で3月5日~8日まで東京ビッグサイトで行われる。