元NHKアナウンサーの武田真一(56)が4日、日本テレビ系「DayDay.」(月~金曜午前9時)に出演。

先日の東京マラソンでの結果で今年のパリ五輪の男子代表3人が決定し、応援する意気込みについてコメントした。

番組冒頭で3日に実施された東京マラソンのレース展開について話題にしてMC武田真一(56)と南海キャンディーズ山里亮太(46)がトークを展開した。

レースは西山雄介が2時間6分31秒で設定記録に41秒届かずパリ五輪出場が無念となって涙にくれていた映像が流れた。武田は「この涙でしたね」と話し、山里は「いやまぁ~、大きなカベだったんスねぇ」と言葉をかみしめるようにつぶやいた。

パリ五輪への代表選手も決まったことで山里は「(五輪開幕の)5カ月後、楽しみですねぇ~」と話すと、武田は「5カ月後も頑張って生きていきましょう」と答えた。目を見開いた山里は「ど、どうしたんスか? 何かつらいことでも」と詰め寄ると、武田はニコニコ笑いながら「何があるか分からないじゃないですか、人生ね」とやはり笑顔で返した。