凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月2日=パリロンシャン)の出走を検討していた英G1・2勝馬アダイヤー(牡4、C・アップルビー)が同レースを回避し、英チャンピオンS(G1、芝1990メートル、10月15日=アスコット)に向かうことを27日、馬主のゴドルフィンが発表した。同馬主はツイッターで「条件がより彼に合う」としている。

同馬は昨年の英ダービー、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSを優勝。その後は体調が整わず実戦登場はなかったが、8日の条件戦(3頭立て)をほぼ馬なりで圧勝。実力が衰えていないことを示していた。