馬単6点勝負! 天皇賞・秋から年末まで藤浪晋太郎投手(29)がG1予想に“特別登板”する「FUJIの100“馬”イル勝負」の第3戦。マイルCSは、JRA・G1・3連勝と乗りに乗るルメール騎手の◎(9)シュネルマイスター(牡5、手塚)を1着に固定し、相手6頭への馬単で勝負する。

   ◇   ◇   ◇

藤浪です! 先週のエリザベス女王杯は悔しかった…。◎ルージュエヴァイユは勝つかもという競馬で2着にきてくれましたが、肝心の相手がおらず。それでも買い目を絞って勝負した結果ですし、読みは良かったかなと思います。

さて、今週のマイルCSはイメージ的に大荒れはあまりないように思います。阪神開催のここ3年を含めた過去10年を見ても、2桁人気馬は馬券に絡んでないですし、マイルのスペシャリストが集まる一戦なので。ただその分、オッズは割れ気味になる印象です。脚質的には後方一気は決まりにくいイメージで、実際に前走で上がり最速をマークしていた馬は、過去10年で22頭が出走して3勝しかしていません。ある程度いい位置で流れに乗れる馬を狙いたいと思います。

◎は人気でもシュネルマイスターにします。前走の毎日王冠は直線で前が壁になりましたが、外に出すと豪脚で3着まで追い上げました。めちゃくちゃ力があるなと改めて思いましたし、何といっても鞍上のルメール騎手。現在G1・3連勝中で、毎週のようにインタビューで「おおきに!」と聞いている気がします(笑い)。脚質的には後方からのタイプですが、今の乗れているルメール騎手なら、いい位置から運んでくれると思います。

相手は◎より前の位置にいそうな馬を中心に。前走の内容が良かった○ソウルラッシュ、相性のいい富士S組から▲ナミュール、力上位は間違いない☆セリフォスを上位に取りました。早く1つ当てたい気持ちもありますが、広げてガミるのも絶対に嫌なので(笑い)。ここも絞って馬単(9)→(1)(16)(11)(5)(7)(12)の6点勝負でいきたいと思います!(MLB投手)