評論家コラム

阪神リリーフと守り、弱点が一気に出た/吉田義男

<阪神2-7巨人>◇4日◇甲子園

敵と戦っているというより、自ら試合をぶち壊した1敗になった。

阪神対巨人 8回表巨人無死一、二塁、木浪は馬場からの送球をグラブの先ではじく(撮影・加藤哉)
阪神対巨人 8回表巨人無死一、二塁、木浪は馬場からの送球をグラブの先ではじく(撮影・加藤哉)

吉田 今年の阪神の2つの弱点が、一気に顔を出しましたな。リリーフと守りです。8回表の攻防では、悔しいけど巨人の執念が上回ったと言わざるを得なかった。記録では2つのエラーがついた。でも、わたしはあえて、ホームインを許した失策ではなく、厳しい見方ですが、そこに至るまでのプレーに「もっと“球際”に強くならなあかん」と言いたい。

8回表。北村が中前打で出塁後、丸の2球目に代走増田大が二盗。丸が四球で無死一、二塁となった後、3番坂本が送りバントを試みた。それを失敗した後の投ゴロを馬場が二塁カバーの木浪に悪送球して二塁走者増田大の本塁生還を許した(記録は野選と失策)。

吉田 巨人はノーアウトで、左打者の丸の打席で増田大にスタートを切らせるんです。馬場の高めに浮いた球を捕って投げた梅野の送球は、ショートバウンドになった。でも木浪はそれをうまく処理できずタッチにいけなかった。記録はエラーではない。でもタイミングはアウトでした。そこを言いたいんです。一瞬のプレーですけどショートの見せ場なんです。木浪にはいいショートになってほしいからこそ、あそこに球際の強さが求められるんです。

その後、1死二、三塁の場面で、重信の遊ゴロに突っ込んた木浪がファンブルし、この回2点目を入れられて突き放された。

吉田 糸原が不在で木浪を二塁に回す布陣も見受けるが、ショートに専念させたほうがいい。わたしには、原監督が最も阪神を警戒してるのがわかります。せっかく開幕から8つの借金を返して立ち直ったのに、ここで後退するわけにはいきませんで。【取材・構成=寺尾博和編集委員】

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング