プロ野球番記者コラム

ホークス再建秘話 実らなかった「巨人原獲得」構想

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム:CATCH!!>

決戦の時が来た。ソフトバンクと巨人の日本シリーズ。19年ぶりの顔合わせである。開幕前日の公式練習。午後2時から始まったホークスの練習には王球団会長の姿があった。20世紀最後のシリーズは列島注目の「ON対決」だった。2勝4敗。長嶋巨人の前に涙をのんだ。練習を見守る王球団会長の言葉にも力がこもった。「やっぱり巨人と(シリーズを)戦わないとね」。“常勝”の名は球界の盟主として君臨してきた巨人を倒してこそ完結する。ましてや19年前に敵地東京ドームで長嶋監督の胴上げを見せつけられた。雪辱の思いは誰より強い。

練習前、円陣を組み工藤監督の話を聞くソフトバンクナイン(撮影・今浪浩三)
練習前、円陣を組み工藤監督の話を聞くソフトバンクナイン(撮影・今浪浩三)

ホークスと巨人のシリーズ対決は過去10度。ホークスが勝ったのは59年(南海)の1度しかない。60年目の悲願がかかる。プロ野球創世記から栄光の歴史を紡ぎ続ける巨人とは対照的に、ホークスは厳しい荒波を浴びた。南海、ダイエー、そしてソフトバンクと身売り。「世界の王」を九州の地に招聘(しょうへい)したのも、チーム再建を目指すダイエーの大戦略であった。

因縁はまだある。王監督を福岡に招く1年前。ダイエーフロントは驚くようなトレードを画策した。巨人原の獲得だった。すでに西武から秋山、渡辺智、内山の「世紀のトレード」を成立させていた。その4日後の93年11月20日。根本専務(当時)の意向を受けた球団幹部がドラフト会場で巨人の球団代表に接触。原獲得の意向を伝えた。交換要員は誰でもよかった。「強いチームをつくるには人を代えないとな」。根本の口癖だった。チーム再建のために、原のリーダーシップがどうしても欲しかったのだ。だが、巨人は首を縦に振ることはなかった。「やっぱり巨人は原は出せないと…」。フロント幹部のうつむいた姿が忘れられない。

王監督誕生に合わせて西武からFAで工藤を獲得。19年前の巨人先発投手は初Vを置き土産に巨人に移籍した工藤だった。そんな2人がタクトを振って令和初のシリーズを戦う。さて、またどんな物語が生まれるのだろうか。【ソフトバンク担当 佐竹英治】

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新