nikkansport.com @ mobile

野球

野球手帳

トイレの神様が近大付に甲子園でくれた人生の宝物

  • FacebookMessenger
  • TL

 10年ぶりの出場となった近大付(南大阪)が7日、夏の高校野球1回戦で前橋育英に0-2で敗れ、93年夏以来の初戦突破を逃した。

前橋育英対近大付 前橋育英に完封負けを喫し、応援席にあいさつする近大付ナイン(撮影・清水貴仁)
前橋育英対近大付 前橋育英に完封負けを喫し、応援席にあいさつする近大付ナイン(撮影・清水貴仁)

   ◇   ◇   ◇

 近大付の寺林千恵子部長は、ベンチ裏で涙を流すナインをそっと見つめていた。10年ぶりの甲子園は1時間37分で幕を閉じた。「1年生の時から比べると、3年生は強くなった。みんなで支え合ってやってきた。いいチームになったと思う」。16年に部長を兼任していた岡崎忠秀校長が急死。その夏に、副部長の立場から、部長代理となった。当時1年生だったメンバーが最後の夏を終えた。

 寺林部長は寮の管理も行い、週に4日は宿泊する。女子サッカーの旭国際バニーズ(現バニーズ京都SC)でゴールキーパーとしてプレー。自身の経験も踏まえ、体調管理の重要性を選手に説く。話しやすい空気を作り、寮生活をサポートしている。大事にしてきたのは、寮内のトイレ掃除だ。毎日15分、日曜日は1時間の大掃除。部員と一緒に取り組んできた。「当たり前のことを当たり前に。それは常々、言っている。あいさつや立ち居振る舞い。掃除に関しては、結構うるさいんです。私も一緒になってやる。徹底力ですね」。

 7月の南大阪大会前には、こんなことがあった。トイレ掃除の出来が悪かった。「原点に戻らなあかん」。冗談まじりに、主将の花田、副寮長の山中と西山に声をかけた。大会中に、寺林部長と4人で2カ所ある共同トイレを掃除することになった。勝ち進む中で、花田が言った。「トイレ掃除したら、ヒットが出ます」。寺林部長は返した。「優勝するまでやらなあかんな」。南大阪大会を10年ぶりに制す。その後、甲子園の宿舎入りするまでトイレ掃除をやめなかった。外野を守る山中はしみじみと言った。「便座の裏は汚れがひどくて、磨くのが大変なんです。でもトイレの神様は見てくれているんですね」。

 この日出場した花田と山中はともにノーヒットだった。トイレの神様は、どこに行ったのだろうか。寺林部長は思いやった。「自分がやらなければという気持ちがどこかに出ていたのでしょう。そこが甲子園ですね」。

 試合後、寺林部長の話を振ると、花田は顔を少しゆがめた。「先生は日常生活をイチから見直してくれた。心のスキがなくなって、成長できたと思う。でも、ふがいない結果に終わり、悔しいです」。こぼれ落ちそうなものを堪えているように見えた。この日の悔しさは今後の人生にとって、いい経験になる。それもトイレの神様が与えたものだ。【田口真一郎】

 野球をこよなく愛する日刊スポーツの記者が、その醍醐味、勝負の厳しさ、時には心が和むようなエピソードなど、さまざまな話題を届けます。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

  1. 金足農・吉田「疲れはあったが一発で目が覚めた」
  2. 小学生「好きな選手」1位は大谷翔平、「球団」は?
  3. 金足農に「秋田のレジェンド」小野仁さん激励訪問
  4. 横浜・平田監督「腹をくくった」9回大ピンチしのぐ
  5. オリックス吉田が5人に!?輝星ドラフト上位候補 

コンテンツ一覧

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
更新