1. トップ
  2. 日程・結果
  3. 過去の大会
  4. 選抜ほか

山梨学院センバツ前進、横浜8強/秋季関東大会詳細

  • TL

<高校野球秋季関東大会>◇22日◇1回戦2試合、2回戦1試合◇山梨・山日YBS球場

来春センバツ目指し秋季関東大会。第3日は1回戦2試合、2回戦1試合の計3試合。山梨学院(山梨2位)が4強一番乗りを果たしセンバツへ大きく前進した。春日部共栄(埼玉1位)横浜(神奈川1位)は8強入りした。

2回戦:山梨学院(山梨2位)9-1前橋育英(群馬1位)


チーム
前橋育英
山梨学院

【試合経過】

先発は前橋育英が梶塚、山梨学院が相沢

前橋育英は1回、3者凡退

山梨学院は1回、1番渡辺、2番菅野の連打で無死一、三塁。3番相沢の三塁線を破る適時打で1点先制。4番野村は四球で満塁。5番脇坂の遊ゴロ併殺打の間に1点を加え計2点を先制

前橋育英は2回、先頭の4番森脇が右越え二塁打。5番梶塚は一ゴロで1死三塁。6番吉沢は三ゴロ。三塁走者が飛び出し挟殺。2死二塁。7番岡部の中前適時打で1点を返す

山梨学院は2回、2死一、二塁から2番菅野、3番逢沢の連続適時打で4-1

前橋育英は3回、1番丸山が安打と捕逸で無死二塁。2番中村は四球で一、二塁。3番剣持は送りバント失敗の捕邪飛え1死。4番森脇は中飛で2死一、三塁。重盗しかけるも失敗で無得点

山梨学院は3回、敵失と犠打野選で無死一、二塁。しかし後続倒れ無得点

前橋育英は4回、5番梶塚が安打で出塁もけん制死。(ここで山梨学院は駒井が登板。相沢は一塁へ)。6番相沢は四球も後続倒れ無得点

山梨学院は4回、1番渡辺、2番菅野の連続二塁打で5-1。1死後、4番野村の2試合連続となる右中間への2ランで7-1。(ここで前橋育英は2人目の阿部が登板。梶塚は左翼へ)

前橋育英は5回、3者凡退

山梨学院は5回、7番高垣が左中間二塁打。1死後9番駒井、1番渡辺は連続四球で満塁。2番菅野の右越え適時二塁打で9-1

前橋育英は6回、2死から5番梶塚、6番吉沢の連打で一、二塁。しかし7番岡部は三振で無得点

山梨学院は6回、3者凡退

前橋育英は7回、3者凡退。7回コールドで試合終了

前橋育英対山梨学院 7回表2死、駒井は最終打者を中飛で抑えガッツポーズをする(撮影・河田真司)
前橋育英対山梨学院 7回表2死、駒井は最終打者を中飛で抑えガッツポーズをする(撮影・河田真司)
前橋育英対山梨学院 山梨学院に7回コールドで敗れ肩を落とす前橋育英ナイン(撮影・河田真司)
前橋育英対山梨学院 山梨学院に7回コールドで敗れ肩を落とす前橋育英ナイン(撮影・河田真司)
前橋育英対山梨学院 4回裏1死三塁、野村は右中間越え2点本塁打を放ち二塁へ走りながらガッツポーズをする(撮影・河田真司)
前橋育英対山梨学院 4回裏1死三塁、野村は右中間越え2点本塁打を放ち二塁へ走りながらガッツポーズをする(撮影・河田真司)
先発登板する山梨学院・相沢利俊(撮影・河田真司)
先発登板する山梨学院・相沢利俊(撮影・河田真司)
先発登板する前橋育英・梶塚彪雅(撮影・河田真司)
先発登板する前橋育英・梶塚彪雅(撮影・河田真司)

1回戦:横浜(神奈川1位)8-2甲府工(山梨3位)


チーム
横 浜
甲府工

【試合経過】

先発は横浜がプロ注目左腕の及川、甲府工が小林駿

横浜は1回、1番小泉が三ゴロ、2番庄子、3番度会はともに一ゴロ

甲府工は1回、1番山本は127キロを打って投ゴロ。2番五味は145キロ直球見逃し三振(3球目に148キロ)。3番白井は四球。4番中島の3球目に暴投で2死二塁。中島は130キロ打って遊ゴロ、無得点

横浜は2回、四球、安打、犠打で1死二、三塁。7番大手は浅い右飛で2死。8番及川は三塁ライナーで無得点

甲府工は2回、5番山村は142キロ打って遊飛。6番望月はストレートの四球。7番辻は143キロ打って遊ゴロ併殺打

横浜は3回、3者凡退、2三振

甲府工は3回、8番小林が四球。9番友村は内野安打で無死一、二塁。1番山本が送って1死二、三塁。2番五味は初球145キロを打って左中間を破る適時二塁打。2者生還し先制。3番白井は143キロ空振り三振。4番中島133キロ空振り三振

横浜は4回、2死から5番冨田が左安打。しかし6番津田は三振で無得点

甲府工は4回、5番山村が146キロ空振り三振。6番望月は140キロ空振り三振。7番辻は130キロ空振り三振

横浜は5回、7番大手、8番及川の連打で無死二、三塁。暴投と9番山口の遊ゴロで2-2同点

甲府工は5回、8番小林が133キロ空振り三振(これで6連続三振)。9番友村は147キロが当たって死球。1番山本は130キロ空振り三振。一塁走者は二進。2番五味は144キロ打って右飛で無得点

横浜は6回、6番津田が四球。二盗成功。7番大手は四球で無死一、二塁。8番及川が送って1死二、三塁。9番山口の三ゴロの間(野選)に3-2と勝ち越し。1番小泉の左中間適時二塁打で2者生還し5-2。その後2死三塁から3番度会、4番内海の連続適時二塁打で2点を追加し7-2

甲府工は6回、3番白井が142キロ打って二ゴロ。4番中島は四球。5番山村は132キロ打って遊撃ライナー。一塁走者戻れず併殺

(甲府工は7回から近藤が登板)

横浜は7回、6番津田が右前安打。7番大手は四球。8番及川が送って1死二、三塁。9番山口の適時打で8-2

甲府工は7回、6番望月は140キロ打って三ゴロ。7番辻は四球(代走清水)。8番近藤は143キロ打ち上げ二飛。9番友村の時、清水が二盗失敗で無得点

横浜は8回、3番度会が中越え二塁打。4番内海は二ゴロで1死三塁。しかし5、6番凡退で無得点

甲府工は8回、9番友村がストレートの四球。1番山本は134キロ打って二ゴロ。1死二塁。2番五味は129キロ空振り三振。3番白井は127キロ打って三ゴロで無得点

横浜は9回、3者凡退

(横浜は9回、右腕木下が登板)

甲府工は9回、4番中島が右飛。5番山村は遊ゴロ、6番望月は捕邪飛で試合終了

横浜対甲府工 甲府工に勝利し応援席に駆け寄る横浜ナイン(撮影・河田真司)
横浜対甲府工 甲府工に勝利し応援席に駆け寄る横浜ナイン(撮影・河田真司)
横浜対甲府工 先発登板する横浜・及川雅貴(撮影・河田真司)
横浜対甲府工 先発登板する横浜・及川雅貴(撮影・河田真司)
横浜対甲府工 先発登板する甲府工・小林駿太(撮影・河田真司)
横浜対甲府工 先発登板する甲府工・小林駿太(撮影・河田真司)

1回戦:春日部共栄(埼玉1位)7-6藤代(茨城2位)


チーム
共栄
藤代

【試合経過】

先発は春日部共栄が村田、藤代が小島

共栄は1回、1番黒川が中前安打。2番木村はバント安打で無死一、二塁。その後2死満塁としたが6番平岡は一ゴロで無得点

藤代は1回、1番青木が右前安打。2番田島は遅れず三振。3番藤井は中前安打で一、二塁。しかし4、5番凡退し無得点

共栄は2回、3者凡退

藤代は2回、3者凡退

共栄は3回、1番黒川が死球。二盗成功。2番木村は送りバント。三塁手が一塁悪送球し無死一、三塁。3番平尾の右越え適時二塁打で2点。続く4番村田の左越え適時二塁打で3点目。さらに5番石崎が送って1死三塁。6番平岡の右前適時打で4-0

藤代は3回、9番代打今野が四球。1死後、2番田島が左前安打し一、二塁。3番藤井は遊ゴロ。一塁走者二封。二塁手から一塁への送球が悪送球となる間に二塁走者が生還し1点返す

(藤代は4回から2人目の中山が登板)

共栄は4回、2死から2番木村が四球。しかし3番平尾は二ゴロで無得点

藤代は4回、2死から7番中山が右三塁打。8番原の右前適時打で2-4

共栄は5回、1死から5番石崎が四球。6番平岡は二ゴロ併殺で無得点

藤代は5回、先頭の9番今野が右前安打。1死後、2番田島がバント安打で一、二塁。3番藤井は三ゴロで2死二、三塁。4番有村の中越え適時二塁打で4-4同点

共栄は6回、3者凡退

藤代は6回、3者凡退

共栄は7回、1死から2番木村、3番平尾が連続四球。4番村田の左中間を破る適時二塁打で2者生還し6-4と勝ち越し。(藤代はこの後3人目の一條が登板)

藤代は7回、1死から1番青木が右二塁打。2番田島が右越えに2ランを放ち6-6同点

共栄は8回、1死から8番片平が安打も二盗失敗。9番森は三振で無得点

藤代は8回、3者凡退

共栄は9回、2死から3番平尾が二塁内野安打。4番村田は四球で一、二塁。5番石崎は左前安打。左翼手が処理をもたつく間に二塁走者が生還し7-6と勝ち越し(記録は左翼手の失策)

藤代は9回、3者凡退で試合終了

春日部共栄対藤代 藤代に勝利し応援席に挨拶をする春日部共栄ナイン(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 藤代に勝利し応援席に挨拶をする春日部共栄ナイン(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 春日部共栄に敗れ涙を流す選手たちに声をかける菊地一郎監督(右)(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 春日部共栄に敗れ涙を流す選手たちに声をかける菊地一郎監督(右)(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 5回裏藤代2死二、三塁、有村は同点適時打を放ち三塁上でガッツポーズをする(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 5回裏藤代2死二、三塁、有村は同点適時打を放ち三塁上でガッツポーズをする(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 3回表春日部共栄無死一、三塁、平尾は右前打の先制適時打を放つ(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 3回表春日部共栄無死一、三塁、平尾は右前打の先制適時打を放つ(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 先発登板する藤代・小島拓也(撮影・河田真司)
春日部共栄対藤代 先発登板する藤代・小島拓也(撮影・河田真司)
先発登板する春日部共栄・村田賢一(撮影・河田真司)
先発登板する春日部共栄・村田賢一(撮影・河田真司)

北信越決勝

星稜(石川)2-2啓新(福井)

※延長15回引き分け再試合(決勝はタイブレーク制なし)


九州2回戦

長崎商(長崎2位)1-10明豊(大分1位)

日章学園(宮崎1位)8-1熊本西(熊本2位)

神村学園(鹿児島1位)1-8大分(大分2位)

興南(沖縄2位)0-1筑陽学園(福岡1位)

明豊、日章学園、大分、筑陽学園は4強入りでセンバツ前進

0-0のタイブレーク延長13回裏無死満塁から敵失でサヨナラ勝ちした筑陽学園ナインが喜びを爆発させた(撮影・浦田由紀夫)
0-0のタイブレーク延長13回裏無死満塁から敵失でサヨナラ勝ちした筑陽学園ナインが喜びを爆発させた(撮影・浦田由紀夫)
筑陽学園先発の西舘昂汰投手が延長13回興南打線を無失点に抑えた(撮影・浦田由紀夫)
筑陽学園先発の西舘昂汰投手が延長13回興南打線を無失点に抑えた(撮影・浦田由紀夫)
日章学園対熊本西 日章学園先発の石嶋留依投手が7回1失点の好投を見せた(撮影・浦田由紀夫)
日章学園対熊本西 日章学園先発の石嶋留依投手が7回1失点の好投を見せた(撮影・浦田由紀夫)
日章学園対熊本西 1回表無死一、三塁、日章学園4番平野大和外野手は左膝骨折ながらフルスイングでファウルを放つ(撮影・浦田由紀夫)
日章学園対熊本西 1回表無死一、三塁、日章学園4番平野大和外野手は左膝骨折ながらフルスイングでファウルを放つ(撮影・浦田由紀夫)
明豊対長崎商 2回表明豊2死一塁、右中間適時三塁打でガッツポーズする野上真叶(撮影・菊川光一)
明豊対長崎商 2回表明豊2死一塁、右中間適時三塁打でガッツポーズする野上真叶(撮影・菊川光一)
  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新