明石商コールド発進も拙攻露呈「情けない」狭間監督

<高校野球秋季兵庫大会:明石商11-1舞子>◇15日◇2回戦◇明石トーカロ

春夏連続で甲子園4強入りを果たした明石商は、新チームで県大会初戦に臨み、7回コールドで快勝発進した。

新生・明石商はノーヒットで先制した。2回、無死一、二塁とすると、6番井上隼斗内野手(2年)が送りバントを試み、相手投手の失策を誘って満塁に。8番名村康太郎捕手(2年)の3球目が暴投となり、これで先制。名村が4球目に、お家芸のスクイズを手堅く成功させ追加点を挙げた。バント、スクイズといった、明石商おなじみの攻撃で先手を取った。

3回までノーヒットに抑えられたが、4回に打線も機能。無死一塁から7番嶋谷蒼外野手(2年)が試みた送りバントが再び敵失となり、無死一、三塁と好機を拡大。8番名村、9番中野憂翔投手(2年)の連続適時打や、3番来田涼斗外野手(2年)の犠飛などでこの回一挙6得点。6回には1死三塁から3番来田の左前適時打で追加点を挙げた。7回裏からは最速151キロ右腕、中森俊介投手(2年)が登板。1回を1安打無失点に抑えた。

甲子園で話題になった狭間善徳監督のガッツポーズはこの日はなし。ベンチ最前列から鋭いまなざしで戦況を見守り、試合後は「初戦ですけど、情けない」とため息。好機で主軸が凡打するなど、拙攻を嘆き、コールド発進も気を引き締めた。

その他の写真

  • 7回に登板し、1安打無失点に抑えた明石商・中森(撮影・望月千草)
  • 1安打2打点だった明石商・来田(撮影・望月千草)