白樺学園が宮崎遠征に出発 内田「悔しさを爆発」

  • マスクを着用し新千歳空港の保安検査場前に並ぶ白樺学園の選手たち(撮影・永野高輔)

第92回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に出場する白樺学園が18日、宮崎遠征に出発した。昨秋、明治神宮大会遠征メンバーに選ばれながら、自転車転倒による負傷で2年生で唯一同行できなかった内田翔内野手が、全部員33人中25人の遠征組に食い込んだ。「センバツでベンチ入りできるよう、打撃面でアピールしたい」と意気込んだ。

昨年10月、明治神宮大会の遠征用の下着などを帯広市内で購入し、芽室の自宅に帰る途中だった。下校ルートと違う道で、走行中に段差に気づかず1メートル下のコンクリートに転落した。「暗い中、いきなり前の道がなくなった感じだった」。頭を強打し右前頭部を6針縫う裂傷を負った。

当然メンバーから外れ、頭部打撲の影響で約1週間、歩行もできず自宅安静を余儀なくされた。明治神宮大会4強と活躍する仲間の姿はテレビで見守ることしかできなかった。「あのときの悔しさを、遠征で爆発させたい」と前を向いた。

芽室中時代は右腕投手で昨秋、内野手に転向。長打力に強肩を兼備し、三塁手で高校初のベンチ入りを狙う。戸出直樹監督(44)は「内野陣の、いい競争を生んでくれたら」と期待。新戦力をカンフル剤にし、チーム全体の底上げを図る。【永野高輔】

○…白樺学園の戸出監督が、25日まで7泊8日の宮崎遠征のテーマに“連係”を挙げた。冬場は選手各自に筋力トレーニングを課しており、今年初となる屋外練習では、チームとして組織的な動きを確認する。22、24日には紅白戦を予定。「特にサインプレーや、状況に応じた守備位置の部分など。それぞれ肩も強くなっていると思うので、中継に入る位置をどうするかも、決めてきたい」と話した。