1. トップ
  2. 地方大会
  3. 交流試合
  4. 動画ほか

出身中学校から算出した夏の甲子園出場指数/沖縄編

なぜか、甲子園球児がよく生まれる市区町村がある-。膨大なデータから、全国1896自治体の「輩出指数」が明らかになった。

「過去25年の夏の甲子園出場約2万1000人の出身市区町村と、その考察」と題し、データを完全公開する。

出場条件が比較的均質な夏の大会に限定した。高い数値を示す市区町村は、地域全体の野球熱が高いのか。食文化の影響か。それとも“たまたま”なのか。解析や想像は皆さまに委ねたい。今も全国津々浦々で「1」への思いを募らせる球児たちに敬意を表しつつ、47都道府県の軌跡をお届けする。【調査・分析=金子真仁】

  ◇    ◇    ◇

◆対象 95~19年の25年間の夏の甲子園出場者。人数表記は「のべ」。

◆方法 球児が各媒体に公開した「出身中学」の在籍自治体で分類。今回の企画では「地元」がより明確になる公立中のみを市区町村で分類し、国立・私立中出身者は参考数として合計人数を掲載した。

◆人口 総務省発表の「平成31年度住民基本台帳に基づく人口」。

◆輩出指数 「各自治体からの出場人数」を「15~19歳男子人口×25年×0・6(15歳と19歳を除くため)」で割り、10万を掛けたもの。数値が高いほど、人口比の輩出率が高くなる。


過去25年間における沖縄県地域別の甲子園輩出指数
過去25年間における沖縄県地域別の甲子園輩出指数
沖縄県の地図
沖縄県の地図

【沖縄県】沖縄美ら海水族館の対岸に見える伊江島から、10人の甲子園球児が生まれた。

周囲約22キロのコンパクトな島だ。転機の1つが、巨人阿部2軍監督の来島だろう。06年、現役6年目オフに伊江島で自主トレを始めて以降、島での少年野球の振興に尽力してきた。力を蓄えて島を巣立った中学生が、那覇の強豪校でも活躍するという流れが見え始めている。

沖縄本島では宜野座、読谷といったプロ野球と縁がある村も含め、各地から甲子園球児が生まれている。

地域の文化なのか、甲子園球児の輩出があると、母校の小中学校や街の交差点に、名前入りの派手な横断幕が飾られることも多い。

うるま市や石垣市からは、本州や九州の強豪校に挑戦する中学生も一定数いる。

<沖縄県25年間の夏の出場校>

◆那覇市=沖縄尚学6、興南6、那覇1

◆糸満市=沖縄水産2、糸満1

◆浦添市=浦添商3

◆宜野湾市=中部商2

◆嘉手納町=嘉手納1

◆うるま市=前原1

◆宜野座村=宜野座1

◆石垣市=八重山商工1

※校名直後の数字は出場回数

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング