昨年王者の霞ケ浦1位 小田倉主将が涙で感謝/茨城

  • 霞ケ浦対水城 霞ケ浦6回2死一、二塁も中堅へ適時打を放つ小田倉(撮影・沢田直人)

<高校野球茨城大会:霞ケ浦3-0水城>◇5日◇準々決勝◇ひたちなか市民球場

長雨の影響で準決勝以降は中止に。昨夏王者の霞ケ浦(茨城)は3-0で水城(茨城)を下し、1位となり有終の美を飾った。

小田倉啓介主将(3年)は5打数4安打2打点の活躍。3回1死二塁で中前に適時打で先制すると、6回には2死一、二塁も中堅へ適時打。3点目を奪った。

「仲間がつないでくれたから打てました」主将としてチームを技術面でけん引し、精神面で支えていた。

「甲子園に行くことができなかったが、同じように悔しい思いをした後輩が、これからは引っ張ってくれると思う」と言葉を詰まらせ涙を流した。