東日本国際大昌平が初優勝「欠けているのは甲子園」

  • 福島商対東日本国際大昌平 初優勝し応援席にあいさつする東日本国際大昌平・伊藤監督(撮影・野上伸悟)
  • 福島商対東日本国際大昌平 1失点完投で初優勝に導いた東日本国際大昌平・矢板(撮影・野上伸悟)

<高校野球秋季福島大会:東日本国際大昌平5-1福島商>◇22日◇決勝◇いわきグリーンスタジアム

決勝は東日本国際大昌平が5-1で福島商を下し初優勝した。

   ◇   ◇   ◇

エース矢板裕大(2年)は勝利の瞬間、客席の仲間たちに向かってガッツポーズ。「スタンドもグラウンドも能力は変わらない。その中で選んでもらえたので」と感謝した。

夏14連覇の聖光学院、センバツ21世紀枠の磐城、初の4強で勢いに乗る相馬東、そして古豪福島商を倒しての優勝。伊藤博康監督(50)は「本当にいいチームになった。うちに欠けているのは甲子園。堂々と甲子園と口に出して、もぎとりにいきたい」と東北大会に目を向けた。