リベラがジーター祝福「いつでも頼れるリーダー」

全米野球記者協会(BBWAA)の投票による米国野球殿堂入りメンバーが21日(日本時間22日)発表され、元ヤンキースの主将で名遊撃手のデレク・ジーター氏(45)が、有資格1年目で殿堂入りした。 投票では全397票のうち、396票を獲得。得票率99・7%で、わずか1票足らず満票を逃した。

▽マリアノ・リベラ氏(元同僚、昨年史上初の満票で殿堂入り)「彼の勝利への深い熱意と、チームに対する責任感は特別だった。勇敢で、いつでも頼れるリーダーでもあった。チームメート、そして友人としていられたことを幸せに思う」