筒香「100%怒られます」素手でキャッチ&スロー

  • ノックでレイズ筒香は捕球後に二塁へ送球する(撮影・山崎安昭)
  • 素振りしてフリー打撃に備えるレイズ筒香(撮影・山崎安昭)

オープン戦2試合目で初本塁打を放ったレイズ筒香嘉智外野手(28)の人気が、一気に高まってきた。

球団はユニホーム、Tシャツなどのグッズ製作を急いでいるが、キャンプ地への手配が間に合わず、開幕をめどに本拠地トロピカーナフィールドで販売する方針を固めた。チームショップの担当者は「彼はレ軍のビッグスター。とても大きなプロモーションになるだろう」と早くも期待十分だ。

オープン戦に出場しなかった筒香は25日(日本時間26日)は軽めのメニューで調整した。前夜は日本の友人から祝福のメールやテキストが殺到。「『(横浜高、DeNA時代の先輩)石川さん(雄洋)とテレビ電話で話しました』と書いておいてください」。26日(同27日)のツインズ戦には「5番三塁」で出場予定。練習では素手でキャッチした後のランニングスローを繰り返したが、横浜高時代であれば「100%、怒られます」と笑顔で話した。(ポートシャーロット=四竈衛)