大谷2回は2死から死球、暴投、四球も無失点

  • サマーキャンプ初日、ブルペンで投球練習をするエンゼルス大谷(2020年7月3日撮影)

<エンゼルス紅白戦>◇13日(日本時間14日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(26)が右肘のトミー・ジョン手術後2度目の実戦マウンドに上がり、1イニング目を3者凡退に抑えた。

先頭の左打者アルカンタラから低めの変化球で空振り三振を奪うと、2番の右打者ウォードを低めの直球で三ゴロ、3番の左打者ベンブームも低めの変化球で一ゴロに抑えた。球数は12球でまとめた。

前回7日の紅白戦では3イニング相当で50球、7四球と制球に苦しんだが、この日は1イニング目からリズムよく投球。前回登板から、きっちり修正した。

2イニング目は、右打者の4番アデルと5番ロハスをともにゴロで打ち取った。2死とした後、6番ハーモシヨの初球が抜け球となり、死球。続く打者の初球をワンバウンドさせ、暴投で2死二塁とし、フルカウントから四球を与えた。

四死球で2死一、二塁とピンチを迎えたが、8番ジョーンズを右飛に抑え、無失点で切り抜けた。2回までで、球数は33球。