大谷の今季登板は絶望的 右肘の回内屈筋群の炎症

エンゼルスは3日(日本時間4日)、大谷翔平投手(26)が右肘の回内屈筋群の炎症と診断されたことを発表した。投球再開まで4~6週間で、今シーズンの登板は絶望的とみられる。球団によれば4日(同5日)から始まるマリナーズ戦の遠征に同行する予定だが、打者出場についてはその日の状態次第だという。

過去のリハビリ過程を踏まえると、シーズン終了までの投手復帰は厳しい。18年6月6日のロイヤルズ戦に登板後、右肘の内側側副靱帯(じんたい)に損傷が発覚した。2度のPRP注射を受け、投球を再開したのが7月19日。キャッチボール→ブルペン投球→実戦形式の投球と段階を経て9月2日に投手復帰したが、投球再開から約1カ月半かかった。今回の症状で投球再開までは4~6週間。仮に最短4週間でも、9月1日前後からのリハビリ開始では9月27日のシーズン終了には間に合わない。

大谷は前日8月2日(同3日)のアストロズ戦で連続押し出し四球を含む5四球と乱れ、2回途中2失点で降板。直球の最速は97・1マイル(約156キロ)をマークしたが、最後の打者となったスプリンガーに対しては89・1マイル(約143キロ)まで球速が落ち込んだ。

マウンドから降りる際にはうつむき、ベンチでは肩を落とし、悔しそうな姿を見せていた。登板後に右腕の違和感を訴え、病院でMRI検査を受けた。今後については、患部の状態を考慮しながら球団と協議していくこととなりそうだ。