マー君再契約あるか…独占交渉11・1午後5時まで

28日付でFAとなった147選手がMLB選手会から発表され、ヤンキース田中将大(31)マリナーズ平野佳寿(36)両投手も名を連ねた。田中は1年目の14年から6年連続で2桁勝利を挙げ、ヤ軍との再契約があるか注目される。

大物FAには、サイ・ヤング賞候補の先発右腕バウアー(レッズFA)6年連続2桁本塁打を放つ強打の捕手リアルミュート(フィリーズFA)7年連続2桁本塁打の外野手スプリンガー(アストロズFA)らがそろう。契約満了で自動的にFAとなった選手の他に、この日はオプション契約が破棄された選手もFAに名を連ね、来季1400万ドル(約15億4000万円)のマリナーズのゴードン内野手、来季1250万ドル(約13億8000万円)のカージナルスのウォン内野手らもFAとなった。

FA選手は今後、今季所属球団との独占的な契約交渉が可能となり、球団側は11月1日米東部時間午後5時(日本時間2日午前7時)までに規定額1890万ドル(約20億8000万円)のクオリファイング・オファー(QO)を提示できる。同日米東部時間午後5時1分(日本時間2日午前7時1分)からは、FA選手と他球団の契約交渉が解禁となる。