沢村進化論 34歳ダル、32歳カーショーも球速増

ロッテからフリーエージェント(FA)権を行使した沢村拓一投手(32)が、「トレーニング論」を語った。昨季はソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)第1戦で自己最速の159キロを計測。中大4年時の最速157キロから、10年の時を経て、己の壁を突破した

   ◇   ◇   ◇

○…MLBではパドレスのダルビッシュが34歳の昨季、速球の平均球速を前年より約3キロ速い96・2マイル(約155キロ)まで上げた。最近は多くの投手が、データを活用し球速を上げるのに効果的とされるトレーニングを提供する施設「ドライブライン」を利用しており、30代で球速を上げる投手が増えている。ドジャースの32歳左腕カーショーも、年々下降していた球速を昨季は約2・5キロ上げ、ホワイトソックスの先発右腕リンは30歳を過ぎてから徐々にアップし昨季は3年前より平均3・8キロ上がった。