中畑監督嘆く「もったいない」捕逸でサヨナラ負け

<阪神4-3DeNA>◇29日◇甲子園

 DeNAが痛恨のミスでサヨナラ負けを喫した。

 8回に梶谷、ロペスの適時打で同点に追いついたが9回に落とし穴が待っていた。この回が2イニング目の4番手三上が先頭江越を空振り三振に仕留めたが、勝負球が捕手嶺井のミットに収まらず暴投で無死一塁。続く俊介は犠打失策で一、三塁にしてしまうと、代打関本への4球目が捕逸となりサヨナラの生還を許した。

 勝負の分ける土壇場で守備のミスが出ての敗戦に中畑清監督(61)は「今年の負けっぷりを最後の1イニングで見せてしまった。勝ち試合が作れない課題が明確になった。いい試合はしているんだけどな…。もったいない」と嘆き節で振り返った。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新