亜大11点で中大に雪辱、大阪桐蔭OB正隨が5打点

  • FacebookMessenger
  • TL

<東都大学野球:亜大11-2中大>◇第2週第2日◇12日◇神宮

亜大が長短10安打を放って計11点を奪い、中大に雪辱した。

1点の先行を許した直後の1回裏、犠飛ですぐさま追いつき、なおも続いた2死二、三塁から正隨優弥外野手(4年=大阪桐蔭)が中前打して2点を勝ち越した。

正隨は4-2で迎えた4回にも満塁走者一掃の二塁打を放ち、1人で5打点を挙げた。

生田勉監督(52)は「力がないんで、1年生投手も含めていろいろ試しながらです。(正隨は)たまたま当たったんじゃないかな」。2ケタ得点の今季初勝利を辛口で振り返っていた。

 

このニュースの写真

  • 中大対亜大 6回裏亜大1死、中越えソロ本塁打を放った頓宮(右)はナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)
  • FacebookMessenger
  • TL